まずはXcodeを動かしてみよう

新しいplaygroundを作成

XcodeはMacでアプリ開発をするために必須な統合開発環境ツールです。Swiftでプログラミングをする際、Xcodeのplaygroundを使えば、コンパイルやデバッグ、プログラム結果の出力などを自動的に処理してくれます。最初にSwiftを学習する際には、簡単なサンプルコードを書いてみたり、人のコードを試しに動かしてみたりすることも多いと思います。少なくとも、Xcodeのplaygroundが使えるようになれれば、サンプルコードであれば簡単に使いこなせるようになるはずです。

Xcodeを起動

Xcodeをインストール

まだXcodeをインストールしてない場合、App Storeからダウンロード・インストールしましょう。簡単に記事にしましたので、参考にして下さい。
参考:Xcodeのインストール

Finderから起動

Xcodeをインストール済みであれば起動しましょう。Dockにない場合、Finderのアプリケーションから、

Finderからアプリケーションを選択

Xcodeを探して起動しましょう。Dockに入れておくと便利なので、必要であればDockにドラッグしておくと良いかもしれません。

xcodeをダブルクリック

Spotlightから起動(おすすめ)

また、キーボードからXcodeを素早く起動させることも可能です。スポットライトCommand+Spaceから、「Xcode」とタイプしてリターンすればXcodeを起動できます(スポットライトは文字列補完機能がついてるので、「X」とタイプした時点でXcodeが補完されるかもしれません)。

spotlightからXcodeを起動

新しいplaygroundを作成

Playground作成の手順

Xcodeを起動すると、以下のような画面が出てくるはずです。ここで「Get started with a playground」をクリック

新しいplaygroundを作成

すると以下のような画面で、新しいplaygroundの名前を決めることができます。デフォルトの名前は「MyPlayground」です。PlatformはひとまずiOSです。

playgroundの名前を決める

次に、playgroundの保存先を聞かれますので、保存したいフォルダ(ディレクトリ)を指定しましょう。ここではデスクトップを指定しています。

playgroundの保存先をデスクトップに指定

Playgroundの画面

これで準備完了です。起動後は左側の白い領域がコードを編集できる部分で、右側のグレーのエリアが編集領域で打ち込んだ値を表示させる部分です。

playground起動後の画面

Debug areaは便利

右側に表示されるのは確認用ですので、実際のコンソール上に表示される結果を確認するには「Debug Area」を開きます。Debug areaは左下のボタンをクリックするか、ショートカットキーShift+Command+Yを押します。実際に、あらかじめ用意されている変数strprint関数に渡すと、確かにdebug areaに表示されていることが分かります。

debug areaの表示

またdebug areaを開いておくと、エラーが起こった際の詳細を知らせてくれるので、原因を探る時に便利です。ここでは、試しにString変数に整数を代入してみた場合の例ですが、「StringIntは代入できません」と怒られています。

debug areaでエラー表示

まとめ

Xcodeのplaygroundは、公式マニュアルなど、Swiftを実際に手で動かしながらプログラミングを学ぶのに大変便利です。ここでは簡単な使い方しか紹介しませんでしたが、自分で色々触ってSwiftの学習に役立てましょう。