GIPHY CAPTURE(旧gifGrabber) | 簡単にgifアニメーションを作成できるMacアプリ

GIPHY CAPTUREのスクショ

簡単にgifアニメーションを作成できるソフト(アプリ)、GIPHY CAPTURE(旧gifGrabber)を紹介します。操作も直感的で、誰でも簡単にgifアニメーションを作成できるので重宝しています。

追記:元々gifGrabberという名前のアプリでしたが、突然GIPHY CAPTUREという名前に変わっていました。

動きを見せたいじゃない

このサイトではvimプラグインなどを紹介していますが、プラグインを導入した後、どんな感じになるのかを伝えたいことがあります。もちろん、ターミナルのスクリーンショットでも良いのですが、やはり何か動きがあった方が分かりやすい場合が多いです。動画で取って、youtube経由で載せても良いのですが、面倒くさいです(広告を貼って小銭を稼ぐという意味では、逆にyoutube動画の方が良いかもしれません)。

そんな時に役に立つのがgifアニメーションです。これは、ペラペラ漫画(もっと言うとアニメ)と一緒で、大量のgifファイルを連続でめくって、あたかも動画を再生しているように見せている画像ファイルになります。

GIPHY CAPTUREで簡単gifアニメーション

インストールはApp Storeから(無料です)

App Storeで「GIPHY CAPTURE」と打つとでてきます。最近はgoogle検索でも、アプリを検索可能なので、google検索からでも簡単に探せます。

GIPHY CAPTUREを起動

ソフトを立ち上げると、下の画像のようなウィンドウが出て来ます。

GIPHY CAPTUREのスクショ
gifアニメーションを撮れるのは、この枠内に入った部分です。範囲を広げる場合は、窓枠を掴んで広げるだけです。

以前のgifGrabberでは、アプリのアイコンがDockに表示されずトップのメニューバーにのみ表示という謎仕様だったのですが、そこは改善されてちゃんとDockにも表示されるようになりました。

gifアニメーション作成

撮りたいもの、ポジショニング等が決まったら窓枠の下にある赤い録画ボタンを押します。

GIPHY CAPTUREで録画開始
ボタンを押すと録画開始。録画を始めると、真ん中の丸いボタンの中に四角い停止マークが表示、さらに録画開始してからの時間(上の画像だと6.5秒)も表示されます。真ん中のボタンを再び押すと、録画をストップ出来ます。

録画を止めると、

GIPHY CAPTURE、録画終了直後
上の画像のように、録画枠の下に今取ったgifアニメーションが表示されています。撮ったgifアニメーションをファイルとして保存したい場合は、表示されている画像をクリック。

GIPHY CAPTUREでファイルを保存
そうすると上の画像のようなウィンドウが表示されるので、「SAVE」ボタンをクリックしてgifアニメーションを保存します。

細かい調整はPreviewでも可能

先程少し述べましたが、gifアニメーションは大量のgifファイルの集合です。Previewで開いた場合、何枚かのファイルが一つにまとまったようなファイルになっているはずです。例えば、Startを押した後に少し手間取って、アニメーションの最初の方に少し間がある場合など、Previewでいらない部分を削除することで編集可能です。

まとめ

gifGrabberで新年のあいさつ

GIPHY CAPTUREを使えば簡単にgifアニメーションを撮ることが出来ますので、是非活用して見て下さい。

gifGrabberだった頃は、私の使い方が悪いのか、すこし長いアニメーションを取ろうとすると、ターミナル上の文字が消えたり、うまくいかない場合も結構ありました。
スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

フォローする