[iOS9]パスコード桁数の設定方法

データ保護

そもそも6桁になっていたのを知らなかった

iPhoneのディスプレイをロックすると、パスコード(パスワード)を聞かれますが、デフォルトでは4桁でした。iOS9ではデフォルトでは6桁になるようです。ただ、これまで4桁で設定していた方は、そのまま4桁が採用されるみたいです(私の場合そうだったので)。

というか6桁になっているのすら、最近まで知りませんでした。最近のiPhoneでは指紋認証がありますんで、パスコードを打つ機会はそんなにないかもしれませんが、パスコードは長い方がセキュリティ上は良いです。打つのが面倒くさいですけどね。単純な組み合わせだと、4桁の場合10000通り、6桁の場合その100倍で100万通りの組み合わせがあります。ので、4桁と6桁では安全性が全然違います。

私のように気づかない人は、それほどいないんじゃないかと思いますが、自分用メモも兼ねて書いておきます。

パスコード桁数の変更

設定は簡単です。

  1. 「設定」アイコンをタップして、「Touch IDとパスコード」をタップ
  2. 今のパスコードを聞かれるので、入力(聞かれないこともあるかも)
  3. 「パスコードを変更」をタップ
  4. 現在のパスコードを入力
  5. 「パスコードを変更」という画面に来るので、(新しいパスコードを入力せずに)「パスコードオプション」という部分をタップ

新しいパスコードを入力

5. そうすると、下の画像のような選択肢が出てきます。4桁に戻したい人は、一番下の「4桁の数字コード」、数字自体の桁数を変更したい場合は「カスタムの数字コード」、英数字の複雑なパスコードを生成したい場合は「カスタムの英数字コード」を選択して、新しいパスコードを入力すれば完了です。
パスコード桁数等の設定

まとめ

万が一スマホを無くしたり、盗難にあった場合のことを考えると、データ保護の観点からは、可能な限り複雑なパスコードを設定しておくべきです。が、しかし、やっぱり簡単なパスコードの方が楽ですよね。絶対無くさない自信があればパスコード無しでも良いかもしれませんが、オススメはしません。