[クリスマスセール]Mac版1Passwordが約35%オフで3800円!

1Passwordのパスワード自動生成

高機能パスワード管理ツール「1Password」アプリがセールしてます。普段6000円くらいですが、今は3800円です!私もそうですが、基本無料アプリとかを常用していると、この価格はかなり高いように感じますが、このアプリだけは別です。このページでは、1Passwordの何が素晴らしいかを紹介しようと思います。セールもしてますし、パスワード管理で悩んでいる方は、この機会に導入してみるのも良いと思います。フリートライアルで30日間無料で使えますので、試してみるのも手だと思います。

1Passwordの前に、パスワードについて

こんな人にオススメ

App Storeを見ても常に上位に入る1Passwordアプリですが、このアプリを一言で言えば「パスワード管理アプリ」です。以下のリストに該当する人に特にオススメです。

  • ログインアカウントが増えてきて、パスワード管理が煩わしい
  • 同じパスワードを使いまわしている
  • アカウントを乗っ取られたことがある

などなどです。パスワード管理は本当に面倒くさいです。私も昔は手帳などに書きとめていましたが、アカウントが増えてくると面倒くさくなって、パスワードを使い回していました。一応、そこそこ強いパスワードだったので、アカウントを乗っ取られることはありませんでしたが、ログインするたびに手帳を確認するのは本当に面倒でした。

悪いパスワードとは?

さっき「強い」パスワードと書きました。「良い」と言ってもいいと思いますが、この「良い」と「悪い」の基準はなんでしょうか?よくあるパスワードフレーズの悪い例は、

  • 自分の名前
  • 自分の誕生日
  • 固有名詞
  • 単純な数字の羅列(123456…とか)
  • 一つのパスワードの使い回し
  • 短すぎるパスワード(4文字とか)

などです。どうでしょうか?当てはまる項目がある方は要注意です。アカウントによっては、文字列制限があるのでしょうがないですが、本当になんとかして欲しいです。

また、パスワード自体は大丈夫だろうと思っていても、以下のようなことをしている人も要注意です。

  • パスワードを付箋でモニターにペタペタ貼っている
  • 平文(メモ帳とかに)で、パソコンにパスワードを保存している

などでしょうか?「そんなこと言ったって、大丈夫だよ」と思うかもしれません。しかし、万が一漏洩した場合のことを考えると、最悪自分はどうなってもいいかもしれませんが、そこを踏み台にされた場合、(極端なことを言うと)悪事の片棒を担いだことにもなりかねません。また、共通アカウントのパスワードをメールで送ったりするのも、万が一を考えると危ないかもしれません。個人ではそんなことはないと思いますが。

じゃ、良いパスワードって何?

良いパスワードとは、以下の様な条件を満たすパスワードです。基本的には悪い例の逆です。

  • ランダムな文字列
  • パスワードが長い(最低8文字くらい。8文字で十分と言ってる訳ではありません)
  • 特殊文字(?, !, #, $, @, …)も入ってる
  • アカウント毎に別々のパスワード
  • 頻繁にパスワードを更新

などです。最後の2つは、パスワード自体ではなくて、管理の心得のようなものです。でも、ランダムな文字列なんて考えるの面倒くさいし、8文字以上のパスワードをアカウント毎に作って、手帳にメモっておくのも面倒くさいです。例えば、アカウントが数十個くらいある人は、人力でやるには途中で発狂するくらい大変だと思います。そこでパスワード管理ソフトの出番となるわけです。

1Passwordで出来ること

パスワードの簡単生成

1Passwordでは、上記の「良いパスワード」を簡単に生成できます。

1Passwordのパスワード自動生成

上の画像は、1Passwordを使ってパスワードを生成した例です。1Passwordでは、「文字の長さ」、「特殊文字・数字を何文字入れるか」などを指定して、ランダムなパスワードを簡単に生成できるツールが入っています。上のバーに「強度」というのがあって、これが「良いパスワード」の目安になります。「長さ」を調整すると、パスワードがランダムに変化するのも便利です。

1Passwordでパスワードの長さ調整

1Passwordで生成できるパスワードは、最長50文字になります。そこまで長いパスワードを設定することは中々ないですから、パスワードの長さとしては十分な機能だと言えます。

パスワードの管理

メインの機能はパスワード(とアカウント名など)の管理です。
1Passwordの管理画面

上の画面は1Passwordを立ち上げたメイン画面で、右下の+ボタンをポチると、追加したい項目を選択できます。今はかなり多機能になっていて、ログインアカウントだけではなく、(登録しようと思えば)クレジットカードの情報や、銀行口座番号なども管理できます。

ここから手動でパスワードなどの登録も可能ですが、もっと便利な機能があります。
1Passwordで新しいサービスにログインした場合

例えば、googleアカウントでログインした場合、その情報が1Passwordに登録されていなければ、上記のようなポップアップウィンドウが現れます。ここで1Passwordに登録しておけば、次で紹介する自動ログイン機能が使えるので、非常に便利になります。もちろん、「今はしない」を選択すれば、パスワード等を登録しないことも可能です。

登録した情報を使って自動ログイン

1Passwordに情報を登録しておくと(例えばgoogleアカウント)、次のそのサイトにログインしようとした場合、自動的にパスワードを入力できる機能があります。
1Passwordでアカウント名とパスワードを入力

右上の入力欄は1Password内の検索窓で、今「sw」と打ってますので、1Passwordに登録してるこのサイトが表示されています。カーソルを合わせると、その詳細情報(アカウント名、パスワード等)が表示されます。

すごいのは、上記の赤丸で囲んだ部分をクリックすると、ブラウザの入力フォームにアカウント名とパスワードを自動的に入力してくれる機能です。仮に、ブラウザでログイン画面を開いていなくても、1Passwordが登録URLをブラウザに開いてくれるので、大変便利です。もちろん、直接アカウント名・パスワードをコピーして貼り付けることも可能です。

利点・欠点

利点は山程ある

利点は数えきれない程ありますが、やはり「パスワードを自分で管理しなくても良くなること」です。私自身も利用し始めてから数年以上立ちますが、パスワードはもはや覚えていません。また、登録できるアカウント数は無制限なので、好きなだけ登録できるのも良いです。

欠点は値段

色々考えましたが、アプリ自体としての欠点は多分ありません。唯一ネックになるのが、やはり値段だと思います。このアプリに6000円も投資できるか?と言われると、初見では中々難しいと思います。私は昔、たまたま無料で使える環境にあったので、導入してからすっかりハマってしまいました。その後、購入しないといけない環境に移りましたが、迷わず買いました。今は、30日間の無料トライアル期間があるので、迷っている方は先ず試してみて、気に入ったら購入という形をとれば良いと思います。

ヘビーユーザなら「安い」かも

毎日何かしらのアカウントにログインする必要があるような人にはオススメです。セール中なら、3800円ですから、単純に365で割ると1日~10円ちょい。週5日だとしても~15円/日くらいです。この計算を正当化すると、長く使えば使うほどお得になります。まあ、こんな単純な計算は成り立たないかもしれませんが、高い買い物をした自分への言い訳には使えるかもしれません。

まとめ

余り詳しい使い方は紹介しませんでしたが、なんとなく1Passwordの便利さが伝わったでしょうか?もし導入したいと思っている方は、このセールを逃す手はありません。半年くらいに1回セールをするので、今迷ってる方は、無料トライアルで感触を確かめてから、次のセールを待つというのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

フォローする