Swift 3.0 リリース | Swift 2.2 & 2.3とは互換じゃないので注意

Swift 3.0 リリース

メジャーアップデート

先日Swift 3.0がリリースされました。オープンソース化されて以降、初のメジャーアップデートで、2.x系と比べると色々変わってます。

Swift 3.0にアップデートされた最大の理由はAPI周りの仕様変更だそうです。

Swift 3 is a source-breaking release, largely due to the changes in SE-0005 and SE-0006. These changes not only impact the names of the Standard Library APIs, but also completely change how Objective-C APIs (particularly from Cocoa) import into Swift. Many of the changes are largely mechanical, but they can be numerous in a typical Swift project.

現行のSwift 2.2&2.3などとは互換性が無い

公式サイトでも注意していますが、Swift 3.0は2.2や2.3とは互換ではないようです。

Swift 3.0 is a major language release. It is not source-compatible with Swift 2.2 and 2.3. It contains the following language changes that went through the Swift’s evolution process:

公式ブログ等を見るとSwift 3.0で変更された点が網羅されていますので、気になる人は要確認。Xcodeを使っている場合は、Xcode 8.0をインストールすると自動的にSwift 3.0が付いてくるようです。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

フォローする