[vimプラグイン]lightline.vim|ステータスバーをカラフルに+モード表示機能

lightline.vimのサイトのスクリーンショット

vimでステータスバーの表示

vimの設定で(.vimrc

set statusline=2

とすると、ステータスラインをターミナルの下の方に表示することができます。

しかしデフォルトの表示はシンプル過ぎて、ちょっと物足りないです。
vimのデフォルトのステータスバー

上の画像はデフォルトのステータスラインです。開いているファイル名、現在の行・列番号、おおまかな現在地が表示されてます。

プラグインlightline.vimの導入

プラグインのインストール

そこでlightline.vimというプラグインを導入してみました。

A light and configurable statusline/tabline for Vim
https://github.com/itchyny/lightline.vim

lightline.vimのサイトのスクリーンショット

上の画像は上記のリンク先ページのスクリーンショットになります。プラグイン導入方法は、上記ページに非常に丁寧に書かれていますので、簡単にインストールできます。私はNeoBundleを使用していますので、

NeoBundle 'itchyny/lightline.vim'

でインストール完了でした。簡単です。

また、プラグインをインストールしたのにステータスバーの表示が変わらないという方は、上記リンク先の「Configuration tutorial」を参考にされると良いと思います。うまくいかない場合の対処方法が載っています。

実際の使用例 | カラースキームsolarizedの場合

私はカラースキームに関してはsolarized一択でした。カラースキームの選択は.vimrc

" Status line
let g:lightline = {
      \ 'colorscheme': 'solarized',
      \ }

を追加するだけです。'solarizedの部分をテーマの文字列に変更すればカラースキームが変わります。色々なテーマがありますので、試してみるのも楽しいですね。

下の画像は実際にlightline.vimを導入した後のステータスバーです。いい感じです。

lightline-vimプラグインの使用例

一番左には現在のモードが表示されていて、コマンドモード、挿入モード、ビジュアルモード(v)、ビジュアルラインモード(Shift+v)、矩形ビジュアルモード(Ctrl+v)で表示が変わります。色も変わるので、今自分がどのモードなのか一目で分かってかなり嬉しいです。上の画像では試しませんでしたが、replaceモード(Shift+r)でも表示が変わります。ちなみに、ステータスバーの表示設定方法に関しても上記のプラグインページに詳しく解説があります。がんがんカスタマイズしたい方は参考になると思います。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

フォローする