Xcodeのインストール

Xcodeのダウンロード、appstore

Xcode IDE

IDEとは統合開発環境(Integrated Development Environment)の略です。
Wikipediaによると、コンパイラ+テキストエディタ+デバッガ+…という機能が統合された環境だそうです。つまり、XcodeはMac/iOSアプリ(ソフトウェア)開発の統合開発環境ということですね。Mac/iOSのアプリ開発なら絶対必要なソフトウェアなので、まずXcodeをインストールしよう。

デベロッパに便利なツール群
Xcode IDE は、Apple 製品向けの開発で中心的な役割を果たすツールです。Cocoa や Cocoa Touch のフレームワークと緊密に統合されているため、Xcode は Mac、iPhone、iPad 用の優れたアプリケーションを構築するのに適した、非常に生産性の高い開発環境を実現します。
https://developer.apple.com/jp/xcode/ide/

うむ、難しい。引用したサイトではXcodeで実現できるすばらしい機能が簡単に紹介されていますが、まだ全然分からない。これからじっくり学んでいこう。このようなソフトウェアが無料で配布されているというのは大変ありがたいですね。

インストール

インストールは以下のサイトから
https://developer.apple.com/jp/xcode/index.html

xcodeのダウンロード
右上にある「ダウンロード」をクリック。ダウンロードページで、「Mac App Store」にアクセス。ダウンロードページでは「Xcode 6.4」と表記されていますが(2015年10月19日確認)、飛んだ先のiTunes上では「バージョン7.01」でした。実際Xcodeをダウンロードして、バージョンを確認したら「7.01」でしたので、iTunes上での表記が正しそうですね。

追記:(2015/10/25) 最新版のXcode7.1がダウンロードできますね。私のような初心者はバージョンを気にしなくてもいいかもしれません。

Xcodeのダウンロード、appstore

ダウンロードには結構時間がかかりますので、時間がある時にやっておいた方が良いかもしれません。ダウンロードが終わったら

アプリケーション>Xcode(.app)

から起動できます。デフォルトではDockに格納されないようなので、Dockにドラッグしておくと後々便利かもしれません。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

フォローする